こつん、ぱふん、とろん

夏井いつき句集 伊月集 梟』を読んだ。作者四十代の作品を集めたという第二句集。ふくろうに聞け快楽のことならば」で始まり、「木枯を百年聞いてきた梟」で終わる。

 龍の玉こつんとほんとのことを知る

 春の川きらりきらりと失念す

 咲きかねし梅にみくじのきゅっとかな

 さえずりのすとんと止めば波の音

 問い詰めればぱふんと春の魔法瓶

 養命酒みたいな春の日のとろん

など、印象的なオノマトペを用いた句が多い。

 

 コーヒーに春の焚火の灰まじる

 ぶらんこに乗って助役は考える

 春の水凹みて鯉の口あらわる

 あなたがたもセイタカアワダチソウでしたか

こういう句を、自分でも作れるようになるのが、目標。