たけくらべ の検索結果:

今の日本の文学はダメなのか?

…教育への提言はよく理解できるものの、 樋口一葉の『たけくらべ』ぐらいは「原文」で読ませる。うすぼんやりとしかわからなくともよいから、なにしろ、読ませる。字面に触れさせ目に慣らす。音読させ耳に慣らす。 という部分を読むと、高校時代にそこまでやらされなかった自分を幸せだったと思う。実際にやらされていたら僕はきっと「国語嫌い」「文学嫌い」になっていて、今頃は国語の教師なんてやっていなかったに違いない。島尾敏雄や福永武彦や安部公房に出会わせてくれた「現国」の教科書に僕は感謝している。