読書

図書館の蔵書検索機能は便利だ

片岡義男の小説を読んでみようと思った。とりあえず最寄りの図書館にあれば借りようと思って、横浜市立図書館の蔵書検索ページで探しているうちに、わざわざ図書館まで出かけなくても、家にある本の中にも片岡義男の短編小説を収めたものがあることがわかっ…

ポケットの穴

本の読み方 スロー・リーディングの実践 (PHP新書)作者: 平野啓一郎出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2006/08/17メディア: 新書購入: 33人 クリック: 160回この商品を含むブログ (189件) を見る 勉強みたいという悪いイメージもあるかもしれないが、スロー…

活字頼み

活字たんけん隊――めざせ、面白本の大海 (岩波新書)作者: 椎名誠出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 2010/01/21メディア: 新書購入: 1人 クリック: 8回この商品を含むブログ (17件) を見る 椎名誠を読むのは、ずいぶん久しぶりだ。このブログを始めてからはた…

雨の連休初日

冷たい雨が降ったり止んだりの、残念な休日。 天気が良ければ、軽いハイキングとか、庭木の剪定とか、やりたいことはたくさんあったんだけど、仕方がない。 こんな日はどこへも行かず、家でじっくり読書と決め込む。 と言っても、一日に読める量なんて、たか…

本がなくても…

どこに行くにも本は必ず持って出る。 電車での移動中、病院の待合い室での待ち時間、宿泊先の夜のひととき‥貴重な読書のチャンスは逃してはならない 本を読む絶好のチャンスなのに、手元に本がない! などという失態をおかしてはならないのだ。 村上春樹は、…

どれにしよう

忘れられる過去作者: 荒川洋治出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2003/07メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 30回この商品を含むブログ (44件) を見る大好きなことについて語ったり書いたりしているのを、聞いたり読んだりするのは楽しい。 荒川洋治のエ…

書評とガイドブック

読みかけのまましばらく放置されている本が何冊かある。 池澤夏樹の『読書癖2』もその中の一冊。読み残してあった最後の方のやや固めの書評を読んでいたら、こんな一節に出会った。 書評の基本は紹介と評価だ。筆者は自分の人格を中和し、偏見を抑えて、客…

読書の「場」

本日、新しい勤務校に移ってはじめての授業。 90分授業初体験ということもあって少々不安だったのですが、とても気持ちよく付き合えそうな生徒達で、90分も長くは感じず、まずまずのスタートがきれたかなと思います。とはいうものの、毎週火曜日(さっそ…

未来の自分のために

未来形の読書術 (ちくまプリマー新書)作者: 石原千秋出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2007/07/01メディア: 新書 クリック: 21回この商品を含むブログ (45件) を見る僕はこの本をとても興味深く読んだし、多くの若い人にこの本を読むことを勧めたいと思いま…

残暑お見舞い申し上げます。

夏休みを利用して、二泊三日の家族旅行に出かけてきました。 行き先は今年も信州。最初の目的地は、国営アルプスあづみの公園。 この公園の存在はBRUTUS (ブルータス) 2007年 8/15号 [雑誌]の特集「公園で、夏休み」で知ったばかりでした。ちょうど近くを通…

親父が読みたい「子どもの本」

『日経キッヅプラス』という雑誌の「子どもと読みたい100冊の本」という特集が興味を引いたので(それと付録の「全国方言かるた」というのが面白そうだったので)買ってみました。そして、紹介されている本の中からぜひ読んでみたいと思ったものを書き出…